デントリペア専門店|千葉県柏市 デントリペアワークス | ブログ
千葉県柏市|デントリペアの専門店、小さなヘコミ、雹害車修理はお任せ下さい。お車の価値を落とさずにデントリペアで復元します。
デントリペア デントリペアスクール
2669
page-template,page-template-blog-template3,page-template-blog-template3-php,page,page-id-2669,ajax_updown_fade,page_not_loaded,
title

ブログ

 

ルーフサイド・プーリング

12 12月 2016, Posted by works in デントリペア

 

先月〜今月はデントリペア、ウインドリペアのご依頼が急増しています。

私の技術で皆様のお役に立てる事で感謝感謝です。

本日は、新型ステップワゴンの入庫です。

 

 

 

直す凹みはルーフサイド

天井の内張を分解しないで凹みを直します。

この場合、通常の裏から押し出す工法ではなく

プーリングと云われる表面からの修正できっちり直したいと思います。

 

 

 

大きいですね(汗)

何回か、引っ張り精密なポンチングでボディーラインを整えます。

デントリペア施工後がこちら。

 

映り込んだライトの線が歪まず綺麗に見えるかと思います。

オーナーさんにも喜んで頂けてホッとしました。

 

 

 

 

年内、まだまだ施工可能です。

お問い合わせください。

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

今年もあと少し!!

11 12月 2016, Posted by works in デントリペア

連日沢山のお客様にご来店頂いております。

 

やっぱり

 

年内に愛車の凹みとオサラバして新年を迎えたいですもんね。

 

そんな訳で(どんな訳で?)新型プリウスの登場です。

 

 

 

 

右ドアのプレスライン上に横ズリの凹みです。

 

 

 

 

デントリペア施工後はご覧の通り

傷が残っているのでわかりやすいですね。

 

 

 

 

専用ライトと一眼で撮影していますので

傷が目立ちますが、凹みが無くなってしまうと

この傷も実はかなり目立たなくなっています。

 

 

今年の凹みは今年のうちに

まだまだ、年内施工可能ですのでお問い合わせください。

 

であであ。

 

 

 

ありがたやリピーター様

22 10月 2016, Posted by works in デントリペア

 

今日は、たくさんのお車、お客様がご来店下さいまして。

感謝感謝でございます。

 

 

リピーター様もご来店下さいました。

こうして、数年お会いしなくてもヘコミが出来たら思い出して頂ける。

嬉しいです。

 

 

リピーター様のクラウンです。

もう、6年以上前に当店を利用して下さいました。

ヘコミが出来てしまった事は残念ですが

久しぶりにお会いできて嬉しかったです。

 

 

img_5973

 

 

リアドアにポツンとドアパンチでしょうか?

少し傷も入っています。

 

 

 

img_5970

 

 

デントリペア施工後はこの通り!

全くわからなくなります。

 

 

img_5972

 

 

 

次のリピーター様

日産・レパード!!

このクヲリティで現存している事自体驚きです。

オーナーさんの車への愛が伝わります。

 

 

img_5981

 

 

フロントフェンダーにポチリとドアパンチ。

目立ちますね。

このレパードに、このヘコミは不要です。

 

 

img_5977

 

 

デントリペアで即!消去!!

リフレッシュ完了です。

 

 

img_5978

 

 

ご依頼、ありがとうございました!!

明日は、まだまだ空きがありますのでお電話ください。

お待ちしております!

 

 

 

 

ジムニーが入庫です。

ターボですよ・・・ターボ。

絶対楽しいです。

高すぎて購入を断念したのを思い出します。

 

 

img_5216

 

 

 

デントリペアするヘコミはこちら。

やばっ!!

ディープデントという深いヘコミです。

何がマズイかというと、鉄板が限界以上に伸びてしまっている事があるからです。

鉄板が伸びて表面積がある一定以上超えてしまうと

薄く低いままか。薄く高いまま・・・フラットにまとまらなくなります。

さらに、パクンパクント凹んだり出っ張ったりっていう現象も最悪あります。

 

 

 

img_5214

 

 

さらにもう一つ!

 

 

img_5213

 

 

おっ!

ボルグレーシング

ブロンズ色がボディーにマッチしてかっこいいです!!

いいなぁ〜ジムニー。

やっぱりいいなぁ〜。

 

 

img_5215

 

 

現実逃避してました(汗)

お客様のストレスは半端じゃないとお思います。

喜んでいただけるように直します。

 

 

img_5211

 

 

う〜ん・・・。

どうしてくれよう。

まずは・・・内張りの脱着から。

 

 

img_5217

 

 

 

ふたつ繋がりの上側のヘコミは・・・・

サイドインパクトビーム(補強)の狭い中にありました(大汗)

使える工具も一気に制限されてしまいました。

 

でも大丈夫。

私・・・デント15年やってるんですから。

 

 

img_5218

 

 

治りました。

直しました。

 

 

 

img_5224

 

 

 

デントリペア終了後はご覧の通り

綺麗さっぱり無くなりました。

 

 

 

img_5226

 

 

 

と・・・安堵したのもつかの間

今日は、手強いヘコミが入庫します。

 

 

 

今度は、屋根に出来たディープ・シャープと云う更に厄介なヘコミです。

ヘコミ自体が鋭く尖った衝撃点を持っており、

更に深く凹んでしまっています。

 

 

 

img_5231

 

 

アップで見ても・・・やっぱ深いですね。

やりがいあります。

こういうヘコミはポチッと芯が残ります。

(鉄板の限界超えちゃっているんでしょうね)

 

この芯をどれだけ綺麗に残せるかがポイントになります。

 

 

img_5230

 

 

 

デントリペア施工後です。

中心点の小さなディンプルのみ残りました。

 

 

 

img_5233

 

 

雨の中、ご来店くださいましたお客様

本当にありがとうございます。

 

 

 

小さな穴から失礼します

17 9月 2016, Posted by works in デントリペア

 

フォルクスワーゲン・ゴルフのデントリペアです。

 

img_5166

 

 

 

デントリペアするヘコミは

右ドア、アウターハンドル上、水切りモール下にあります。

ゴルフのこの場所は水切りモールに沿って

筒状の補強が入っていて、デントリペアツールのアクセスを徹底的に拒みます。

 

ゴルフに限らず

結構な確率でこの場所は補強が入っている場合が多いです。

 

 

img_5154

 

 

プーリングという、引っ張って治す方法もありますが

塗装剥がれのリスクが伴いますので、最後の最後の手段です。

 

よって・・・どうにか裏からツールで押したいところです。

 

悩みます。

どうしたら、車体にダメージを与える事なく

ツールアクセスするか?

 

悩みます。

 

で、結論は

ウェザーストリップのクリップ穴からツールアクセスする事にします。

 

この穴です。

 

 

img_5163

 

 

 

わずか数ミリの穴ですが

イケると思います。

 

デントリペアは工具の数が結構ありますが

こういう、小さな穴からもアクセスできる様

色々な太さ・細さの工具があります。

 

 

デントリペア終了後はご覧の通り

車体にダメージを与える事なく

綺麗に直す事ができました。

 

 

 

img_5159

 

 

ご来店・ご依頼、ありがとうございました!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デントリペアの技術レベルが上がるにつれ

より、大きなヘコミへ・・・。

より、複雑なヘコミへ・・・。

そんな風潮があり

技術レベルを競うかの様に

そんな施工例を目にする様になりました。

 

 

img_5123

 

 

もちろんそれは

良いことだと思います。

 

オリジナル塗装を残せる

デントリペア最大のメリットを十分に体感できるからです。

 

 

img_5126

 

 

上の写真の様な

フロントフェンダーにビックデント

 

板金塗装で7万円とすると

デントリペアで4万5千円

2万5千円お安くなり、

更にオリジナル塗装を維持し

施工時間は3時間

間違いなくデントリペアを選択するメリットしかありません。

 

が、しかしですね

 

デントリペアは小さなヘコミでこそ

最大のメリットがあると考えます。

ご依頼頂いたN-BOXスラッシュがとても良い例です。

 

 

 

img_5168

 

 

 

まず、左リアドア4cmのヘコミです。

 

 

img_5171

デントリペア施工前

 

 

 

img_5176

デントリペア施工後

 

 

続いて、左フロントドア1cm

なんか・・・中途半端にデントリペアやった跡みたいです(笑)

気にせず、修正をかけていきます。

 

 

img_5177

デントリペア施工前

 

 

 

この位置にあるヘコミですと

通常は、ガラスを下げて水切りモールの隙間から工具アクセスします。

 

N-BOXスラッシュはチョッパースタイルで

ルーフが低く、ガラス面が薄い構造になっています。

 

 

 

img_5178

 

 

故に、上からのアクセスができない為

内張りを外して施工(工具アクセス)します。

 

 

デントリペアワークスが大事にしているポイントなんですが

丁寧に内張りを外すのはもちろん

こういう、ビニールを丁寧にめくってあげる。

 

 

そして何事もなかったかの様に戻す。

 

 

ビリビリビリーーーー!!

なんて以ての外、論外です。

ヘコミが治れば何したって言い訳ではなく

オーナーさんが大事にしている車を

一緒に大事にします。

 

 

 

img_5187

 

 

特にホンダさんのブチルは、ベトベトふにゃふにゃですので

周りにつかない様に細心の注意を払います。

 

 

img_5188

 

 

さぁ!

準備ができたらヘコミを修正します。

 

キッチリ、塗装のユズ肌を整えながら

ヘコミを押し出します。

 

 

img_5182

デントリペア施工後

 

 

 

続いて、右リアドア3cmのヘコミです。

 

 

img_5184

デントリペア施工前

 

 

丁寧に丁寧に

キッチリ直します。

 

 

img_5203

デントリペア施工後

 

 

今回、ホワイトパールのお車

左フロントドア、左リアドア、右リアドア

上記3パネルをデントリペアさせていただきました。

 

 

これ、板金塗装だったらとんでもないお値段になります。

 

 

ここで、最初にお伝えした

「小さなヘコミこそ最大のメリット」となるわけです。

3箇所直して3万円程度、施工時間は2時間です。

 

 

これこそ、デントリペアの本領発揮!!

ではないでしょうか?

 

 

大きなヘコミでもデントリペアでのメリットはありますが

小さなヘコミこそ、最大の効果を発揮します。

 

 

ヘコミがなくなり

綺麗になってオーナーさんのお迎えを待つ

ホンダ・N-BOXスラッシュ

 

 

img_5205

 

 

ご依頼、ありがとうございました!!