デントリペア専門店|千葉県柏市 デントリペアワークス | ブログ
千葉県柏市|デントリペアの専門店、小さなヘコミ、雹害車修理はお任せ下さい。お車の価値を落とさずにデントリペアで復元します。
デントリペア デントリペアスクール
2669
page-template,page-template-blog-template3,page-template-blog-template3-php,page,page-id-2669,ajax_updown_fade,page_not_loaded,
title

ブログ

 

 

東京に雹(ひょう)が降って約1週間が経過しました。

ご入庫・お見積もりのお車を見てみると

被害程度にバラツキがありました。

 

 

 

 

損傷が激しくデントリペアでの対応ができないお車

十分、対応できるお車・・・様々です。

 

 

 

 

これくらいの雹被害になってくると何が起こるのか?

 

地元の鈑金屋さんがパンクします。

鈑金屋さんがパンクするとディーラーさんもパンクします。

鈑金での修理ですとルーフカット交換になりますので

新品部品のルーフパネルの欠品が始まります。

パネルが欠品すると当然、施工ができなくなります。

 

その点、デントリペアはルーフカット交換をせずに

ひとつひとつ丁寧に凹みを修正しますので全く問題はありません。

 

 

 

 

但し、ルーフライニング(内張)は別です。

上記写真は軽自動車のルーフライニング(内張)を外したところです。

軽自動車(ダイハツなど)は内張が接着剤で外板に貼り付けてあることが多々あります。

この場合、ルーフライニング(内張)の欠品も始まります。

 

 

 

 

綺麗に剥がせないのか?

難しいです。

 

ルーフライニングはとてもデリケートな為

少しテンションをかけるとシワになってしまします。

と、言うことは「外した痕跡」を残してしまうことになります。

 

雹に遭われてしまったお客様のお車を施工する際に気をつけていることいがあります。

 

「直した痕跡」を残さない。

ここに拘っています。

 

当店は、柏市にございます。

少々、遠いかもしれませんが雹害車修理には絶対の自信がございます。

ごうぞ、ご遠慮なくお問い合わせ頂ければ幸いです。

 

 

 

 

こんにちは。

デントリペアワークスの金枝です。

お陰様で、多忙な毎日を送らせていただいております。

 

サボりがちなこのブログもたまには更新します(汗)

 

さて、本日、7月18日

都内、池袋などで雹が振りました。

かなりの大きさの雹ですので、お車への被害は確実かと思います。

 

 

 

ここ柏の店にも、数日後にお問い合わせ、ご入庫予約があるはずです。

気合を入れないといけないですね。

 

明日からアルファード(20)の雹害修理に入ります。

ヘコミ総数600コ程度で重症な部類に入るかと思います。

 

本当は、今日の午後に保険屋さんが来てくれる予定だったのですが

明日になりました。

 

保険屋さんも忙しいですよね・・・。

 

 

こんにちは。
16日に降った雹(ひょう)の被害車両のお問い合わせが多くなってきました。

雹は当然、辺り構わず降ってくるので

デントリペア工具の入らない場所も当然凹みます。

 

 

 

 

では?

工具が入らなければ直せないのか?

いえいえ。

プーリングという引っ張り出して直す方法があります。

要は専用のホットボンドの様なもので

アタッチメントを凹みにつけて引き上げます。

 

 

 

 

引き上げた凹み(出っ張り)を精密に叩いて整形します。

こんなやり方があるんですね。

 

オリジナル塗装を残す・・・。

デントリペアワークスは拘ります。

 

どうぞ、お気軽にご相談ください。

 

 

 

こんにちは。

デントリペアワークスのカネエダです。

昨日は、お休みを頂いて趣味のスポーツ走行してきました。

しばらく忙しくなりそうなので最後の余暇です。

と、言いますのも・・・。

6月16日に茨城県、取手市、栃木県、宇都宮市、八王子に雹(ひょう)が降ったんですね。

 

 

 

 

茨城県は、当店を利用してくださるお客様も沢山いらしゃいます。

これから忙しくなり、休めなくなるのを見越して急遽サーキットへ直行したわけです。

 

 

 

 

一人でサーキットへ行っても同じ車好き

すぐにお友達ができてしまったりします。

楽しいひと時でした。

 

 

 

 

さて、明日から本格的に取手の雹被害を受けてしまったお車の修理に入ります。

綺麗さっぱり、無かった事にします。

 

 

 

 

通常、板金塗装でこの雹被害車両を直すと

ルーフカット・交換になってしまいます。

 

そんなの絶対イヤじゃないですか!

自分の愛機の屋根を切るなんて・・・ありえないです。

 

デントリペアは裏から精密に押し出し整形しますので

車体へのダメージなく、かつ、綺麗に短時間で修復ができる技術です。

 

デントリペアワークスは

自動車検査員さんが見ても全く分らないクヲリティー(仕上がり)を提供します。

ご相談ください。

 

 

 

 

 

もともと、フロントガラス交換にてご入庫のお車でしたが

デントリペアも同時に施工ご依頼頂きました。

ありがとうございまーす!

 

レクサスRX デントリペア

 

 

まずは、フロントガラス交換

ワイパー下の打点よりヒビが伸びてシマッタ様です。

 

 

 

 

フロントガラス外れました。

 

 

 

 

バシッと綺麗に収まりました。

 

 

さて!

デントリペア!

まずは、プレスラインの凹みから

しかし、多いです・・・プレスラインのご依頼

 

 

 

デントリペア施工後

写り込んだライトのラインがきっちり真っすぐになっています。

歪みがない証です。

 

 

 

 

塗装の肌も綺麗

デントリペアは塗装しないので

傷は残ってしまうんですけれども、違和感なしです!

 

 

 

 

続いてもう一つ。

左リアドアに長ーーーーい凹みです。

40cm位あります。

 

 

 

分かりにくいですかね?

もうひとつ

 

 

 

まずは内張を外して養生します。

 

 

 

 

このサービスホールからアクセスします。

 

 

 

 

キッチリ直りました。

 

 

 

 

景色を写しこんで違和感がないことを確認します。

 

 

 

 

これにて終了

オーナー様のお迎えを待つのみです。

 

 

BMW X1 × X1

14 3月 2017, Posted by works in デントリペア

お店の入庫台数が多いので度々、こんなことが起こるのですが

本日は、BMW X1 そして BMW X1 と偶然が2台続いた1日でした。

 

1台目のX1

 

 

ドアプレスラインにドアパンチでしょうか?

強烈に凹んでいます。

当然、オーナーさんのストレスもかなりのものだと思います。

 

 

 

 

デントリペア施工後です。

短時間で綺麗に元のボディーラインに修復できました。

無事、ストレス解消です。

 

 

 

 

アップで。

塗装肌の乱れもありませんので直した感がありません。

ココにこだわって施工しています。

 

 

 

 

お次のBMW X1はブラウン

絶対に塗装したくない綺麗な色です。

 

 

 

 

左ドア前方にあるディープデントです。

なんと!!

補強で工具が入りません。

 

 

 

 

で・・・どうしたかと云うと・・・。

プーリングです。

 

 

 

 

 

ボディー表面より凹みを引っ張り出して施工します。

いかがでしょう?

綺麗に出ました。

 

 

 

 

この他にも沢山のご依頼、お問い合わせいただきました。

いつも、本当にありがとうございます。